オゾン発生器を購入した話

オゾン発生器購入レビュー

この度、オゾン発生器を購入してみて、しばらく使用してみたので、使用感についてレビューしてみたい。

私はエアーイオンフレッシャーという製品を、長らく愛用していた。この製品はオゾンを発生させるタイプの空気清浄機で、フィルターもなく、お手入れも簡単。オゾンを発生させるので消臭効果が抜群であった。

フィルター的な役割を果たす金属の板は消耗品なので、掃除をしても汚れが落ちない時は、その板のみを購入して使っていた。

しかし今やかなり昔の商品であるため、本体やオゾンを発生させる板は希少で売っていないのだ。

そこでオゾンを発生させる専用の機械を買ってはどうか、という考えに至ったわけなのである。

オゾン発生器はアマゾンで購入可能

調べてみるとオゾン発生器は色々な種類があり、値段もピンキリで簡単にAmazonで購入できることがわかった。

販売している価格帯としては1万円から2万円程度で、そこまで高くない。

わかったこととしては、オゾン発生器はどれも四角い同じような形をしており、業務用として販売している強力なものもあることだ。

一方でオゾンという物質の特性についてもわかってきた。詳しくは各自調べて貰えば色々とわかると思う。

重要な点を記載すると、オゾンは強力な消臭効果があり、残留性もなく酸素に変わる物質であること。

強力な消臭力がある一方で、中途半端な量だと効果がないこと。

オゾン自体は危険性が少ないが、オゾンの濃度が高くなることで人体にも影響があること。

人体に影響があることから決められた使い方を厳守すること。

人体に影響があると聞くと、少し物騒に感じるかもしれないが、使い方さえ間違えなければ安全ということだ。

また、ほとんどのオゾン発生器自体にはタイマーが付いているようで、連続使用ができないようになっているらしい。

今回私がAmazonで購入したオゾン発生器はこちら。

10000円を切る価格ながら、オゾンの発生量は他の製品を圧倒する24000mg/h。

レビューの評価もそこそこ。

失敗しても7400円なので諦めもつきやすい。軽い気持ちでポチってしまった。

そして届いたセットがこちら。

オゾン発生器
オゾン発生器
オゾン発生器
オゾン発生器


専用のプラスチックのケースに入っており、本体は高級感のあるステンレス。

説明書も入っていたがとてもシンプル。

部屋の広さに応じた、目安の可動時間が書かれている。

実際に試してみる。ケーブルを本体に差し込み、タイマーを回してスイッチを入れる。

すると、サーーッという音と共に本体から風が吹き出してくる。

これがオゾンなのだろう。独特な匂いも漂ってきた。嫌な匂いではない。清々しい匂い、気持ちのいい感じの匂いだ。

なんとも表現の難しい匂いではあるが、個人的には嫌な匂いではない。今まで使っていたエアーイオンフレッシャーからも出ていた匂いであったので、馴染みのある匂いだった。この匂いを嗅ぐと、空気が綺麗になっている感じがする。

オゾンを発生している場所に長くいると危険とのことで、速やかにその場を離れる。

オゾンを発生させている空間は密室にしていないとダメらしい。

密室の空間にすると、その場で何が起きているかわからない。

無事にオゾンが出ているのかどうか、タイマー通りに停止しているか不安だったが、タイマーが切れてから40分経過するのを待つ。

時間になって恐る恐る密室にしていた扉を開ける。すると、強いオゾンの匂いが空間一面に広がっている。

残留性はないとのことだが、換気をするようにとのことなので、扉と窓を開けて空気を入れ替える。

換気をすることで多少オゾンの匂いは和らいだ。

当初は部屋の匂いがオゾンの匂いに書き換えられているだけかと思ったら、驚くことに部屋のありとあらゆる匂いが消えているのだ。

一番わかりやすかったのが玄関、靴箱の空間だ。下駄箱を開けた状態で玄関の空間にオゾンを発生させたのだが、下駄箱の嫌な臭いがが一掃された。

オゾン発生器を購入してみてまとめ

オゾン発生器を購入してみて、久々のベストバイだと思う。

使用方法を守れば安全なので、オススメの一品だと思う。

The following two tabs change content below.

タカシ

ひよっこブロガー、38歳の普通の会社員です。サウナ、ラーメンが好きです。 精神保健福祉士、社会福祉士、公認心理師を取得しており、現職の医療従事者です。 言いたいことも言えないこんな世の中だからこそ、このサイトで色々吐き出したいと思います。