小銭を手数料なしでまとめる方法

小銭を手数料なしでまとめる方法

今回はオススメの小銭を手数料なしでまとめる方法について書いていきたいと思います。

筆者は今までまとまった小銭をゆうちょのATMでまとめて入金していましたが、ゆうちょのATMで小銭を入金する際に、手数料がかかるようになってしまいました。

1月17日から新設されるのは「硬貨取扱料金」。窓口における入出金や振り込みにかかる手数料は以下の通りです。

・1~50枚:無料 ・51~100枚:550円 ・101~500枚:825円 ・501~1,000枚:1100円(以降500枚毎に550円加算) さらにATMでは、1枚から手数料がかかるようになります。出金は110円。入金は枚数に応じて以下の通りに変わります。

・1~25枚:110 円 ・26~50枚:220 円 ・51~100枚:330 円 つまり、「1万500円」を1万円札1枚と500円玉1枚で入出金したい場合、窓口では無料になりますが、ATMでは110円の手数料がかかることになります。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d2d69d1e53b3567376b2ff468addbf451b352a17

これまでは手数料がかからないからゆうちょのATMを使ってきたのに…。手数料のことを考えると、小銭の扱い方を工夫しなければいけません。今回ご紹介する方法で、とても簡単に小銭をまとめることができます。POCKETCHANGE(ポケットチェンジ)こちらの端末を使っていきます。

ポケットチェンジ

POCKETCHANGE(ポケットチェンジ) で小銭を楽々電子マネーにチャージ

POCKETCHANGE(ポケットチェンジ) という端末で小銭をまとめて電子マネーにチャージしていきます。使い方は簡単。コイン投入口に小銭を投入するだけです。

POCKETCHANGE(ポケットチェンジ) は交通系電子マネー、エディ、アマギフ、等々にチャージ可能です。

上限が決まっているので注意しましょう。上限を超えたものは寄付になってしまいます。

POCKETCHANGE(ポケットチェンジ) コイン投入口に小銭を投入していきます。

自動でコインの計算が始まります。

読み取ることができなかった不明なコインは寄付するか聞いてきます。

返却を押すと返却されます。

返却されたのは新しい500円硬貨でした。あぶねえ。

計算が終わったら、確定を押します。

チャージ完了

最後にレシートが出てきます。

POCKETCHANGE(ポケットチェンジ) では簡単に小銭をまとめられるので、お勧めです。

ただ新硬貨は対応していないようなので、間違って寄付をしないように注意が必要!

ぜひ POCKETCHANGE(ポケットチェンジ) を試してみてください!

The following two tabs change content below.

タカシ

ひよっこブロガー、38歳の普通の会社員です。サウナ、ラーメンが好きです。 言いたいことも言えないこんな世の中だからこそ、このサイトで色々吐き出したいと思います。