Twitter

ツイッター(Twitter)で日記を書くと…

 このサイトを開設する前は、ツイッターで日記のようなつぶやきを投稿していた。しかし、ツイッターに不便さを感じるようになり、ワードプレスでこのサイトを立ち上げた。

 ツイッター自体はとても面白く、便利なものだと思うが、使うにつれて不便さを感じるようになってきたので、その不便さについて愚痴を言っていく。

過去の投稿が見づらい

 まず使い続けて思ったのが、過去の投稿を見るのに、ずっと下にスクロールしなければいけないこと。直近の記事を見る分にはすぐに確認できるのだが、数か月前の投稿を確認するのは少し時間がかかり、煩わしさを感じていた。

 昔の投稿を確認しないのであればあまり気にはならない。

あまり人に見てもらえない

 ツイッターの投稿がどれだけ見られているか、どれだけの人が自分のツイートに反応したか確認することができる。これ自体は非常に便利な機能だと思う。しかし、この機能のおかげで日記や思ったことなどのツイートは誰も見ていない、誰も反応していないことに気づかされる。

 反応が少ないことに対しての無力感を感じるのは、もちろん自分の弱いところではあるのだが、ふと何をやっているんだろう、という気持ちにもなる。

 逆にどういったツイートが見られるのか、反応があるのかについてはやってるうちにわかってくるようになる。非常に謎ではあるのだが、「おはよう」とか「おやすみ」といったあいさつ系のツイートはなぜだかよく見られる。電車の遅延についての愚痴や、混雑状況についてのツイートもよく見られていた。

 人によく見られたいからそういったツイートをするのか、自分の本当に発信したいことをツイートするのか、この辺のスタイルで向き不向きがあるんだと思う。自分の場合、人に見られたいからツイートをするというスタイルは合わなかった。

 ただ単純にリプされたり、いいね!されるのはうれしい。

アカウント停止がある

 ツイッターを使っていて一番使いづらいなと思ったのはこの、アカウントの停止、凍結がある点である。ツイッター様の機嫌を損ねると、すぐに停止や凍結の処分を喰らってしまうのである。

 ツイッター様はスパム行為や迷惑行為に非常に厳しい。そのため、そういった兆候があるとすぐにそういった処分を下してくる。例えばフォローを一度に大量にしたり、フォローしている人のフォローを一気に外したりすると、それだけでSMSのショートメールでの本人認証や、電車はどーれだ、といった画像クイズを出してくる。

 毎回そういったことをしてくるので煩わしさを感じていたのだが、あるとき急に凍結になった。凍結解除の申請等を行ってはみたものの、全く解除される気配がないので諦めた。

 プロフィールに自身のサイトのURLを載せていたことや、そのサイトが更新されるたびにツイートで更新を投稿していたのがスパムと判断されたらしい。

 サイトの更新以外に、なんてことないツイートをたくさん投稿していればこういったことはなかったのかなとも思う。とにかくスパム、迷惑行為と判断されたら凍結まっしぐらだし、凍結されたらその解除は極めて困難、というのが感想である。

 凍結されたアカウントに紐づけていた携帯の電話番号で新規で登録を試みたところ、登録完了後5分で再度凍結を喰らった。どうやら私の携帯電話はツイッターのブラックリストに登録されてしまったようである。

 ツイッター自体の仕組み、機能は面白いので格安の携帯電話を購入してみようか…

 ツイッター様の愚痴については思うところがあれば追記していきたい。

The following two tabs change content below.

タカシ

36歳の普通の会社員です。マンガ、ラーメンがが好きです。 言いたいことも言えないこんな世の中だからこそ、このサイトで色々吐き出したいと思います。

最新記事 by タカシ (全て見る)