カテゴリー
やったことレポ 日々のこと

フェイキックIOLを受けた話

こんにちは!近眼でしたがメガネとオサラバして、現在は裸眼のタカシです!

加齢を重ねるごとに視力が悪くなってくるせいか、メガネをしているおっさんはたくさんいます。私もそんなおっさんの一人でした。

もともと小学校低学年くらいの時期から近視が進み、かなりの強度の近視を患っておりました。

今思い返すと、当時流行したゲームボーイやスーパーファミコンのテレビゲームが原因の一つだったように思います。

しかし、30歳を手前にして一念発起し、視力を向上するための手術、フェイキックIOLを受けることを決意しました。

モテるおっさんはメガネをしないことに気づく

これは私の偏見もあるかもしれませんが、モテるおっさんはメガネをしていないおっさんが多いと思います。

もちろんセンスのあるメガネをかけているイケてるおっさんもいますが、メガネをかけることで様々なハードル上がって来ます。

モテるおっさんはメガネをしていないことに気付いたことも、私がフェイキックIOLを受けることを決意した理由の一つです。

メガネをかけると顔がゆがむ

そもそも、近視用のメガネを普通にかけるとレンズの屈折率の関係で、目が小さく見えてしまいます。

更に度が強いレンズだとメガネの部分が不自然に輪郭が凹んで、顔が歪んで見えてしまうのです。

そのため、ある程度近眼が進んでしまうと、目が小さく見えたり輪郭が凹んで見えたりと、不自然な、いわゆるブサイクに見えてしまうのです。

ですので、ある程度近視の強度が進んでしまうと、顔がゆがまないように、コンタクトレンズ等のメガネをかけない対策に気を付けていました。

私の場合はかなり強度な近視であったため、普段使っているメガネのレンズもかなりの厚さでした。メガネをかけた状態で正面からみると、不自然に顔の輪郭がへこみ、少し目も小さく見えてしまうような状態でした。これもかなりのコンプレックスだったように記憶しています。

コンタクトレンズの欠点

私も長らくコンタクトレンズを使用していました。

コンタクトレンズをつけている間は非常に快適で、メガネをつけているときのような煩わしさがなくなることは非常に良い点でした。

しかし、コンタクトレンズはコンタクトレンズの煩わしさがあるのです。

コンタクトレンズには種類があり、ソフトコンタクトレンズか、ハードコンタクトレンズか、使い捨てか、手入れをする必要があるものか等、様々な種類があります。

私は以前はソフトコンタクトレンズを使っていました。手入れが必要なタイプは、使用後に消毒、中和が必要だったり、指で軽くこすり洗いが必要だったりと、手入れが非常に面倒でした。消毒後中和をし忘れて、そのままコンタクトレンズをつけてしまったこともあり、非常に危ないこともありました。

一方で使い捨てのコンタクトレンズを使っていた時期もあり、その時は非常に快適に過ごすことができていたように思います。

手入れが必要なコンタクトレンズから使い捨てのコンタクトレンズに変えた時はとても感動しました。

しかし、手入れが必要タイプから比べると、コストパフォーマンスが悪く、なくなるたびに高額な使い捨てレンズを購入する点が煩わしかったのを覚えています。

あと、どちらのタイプにも言える、ソフトコンタクトレンズの注意点なのですが、コンタクトレンズをしたまま寝ることができません。

コンタクトレンズをしたまま寝てしまうと、コンタクトレンズが乾燥して、目の角膜を傷つけてしまうので、非常に危険なのです。

そのため、コンタクトレンズをつけた状態では、うかうかとうたた寝をすることもできないのです。短時間の睡眠であれば大丈夫なのですが、そのままぐっすり寝てしまうと非常に危険です。

私も何回かコンタクトレンズをつけた状態で寝てしまったことがあるのですが、コンタクトレンズが乾燥してしまい、目が開かないような危険な状態になってしまいました。

コンタクトレンズはメガネに比べると非常に快適なのですが、注意して使わないと非常に危険なものなのです。

レーシック術を受けようとしたことも

そこで私はそのコンタクトレンズの煩わしさから解放されるべく、視力を向上させる手術を検討しました。

私が初めに検討したのはレーシック手術です。レーシック術とは目の表面の角膜を削り、レンズのような屈折を作り、視力を向上させるというものです。当時は両目で20万円くらいで手術ができるところが最安値だったと思います。現在はレーシック術にも種類が増えて、価格ももっと安くなっているかと思います。

私は当時最安値の病院を予約して、色々な検査を受けました。しかし、結果は残念ながらレーシック術は受けられない、という結果でした。

近視の度数が強く、屈折率を確保するために削る角膜の厚さが足りない、ということが理由であると説明を受けました。

メガネやコンタクトレンズの煩わしさから解放されるべく、大きな期待と希望を持って病院にいきましたが、あっけなく私の希望は打ち砕かれたのです。

フェイキックIOLの存在を知る

希望を持ってレーシックの手術に臨み、結局レーシックの手術を受けることができなかった訳ですが、どうやって視力を回復したのか、ということについて書いていきます。

私は結局のところフェイキックIOLという手術で視力を回復させました。

レーシックがダメになってからは、しばらくコンタクトレンズを使う日々を過ごしていましたが、そこから十数年後、フェイキックIOLの手術でクリアな視界を手に入れることができました。

フェイキックIOLとは

フェイキックIOLとは、簡単に言うとコンタクトレンズを目の中に入れて固定させる、と言う手術です。

永久的に体内に入れても大丈夫なコンタクトレンズを、角膜を切って目の中に固定させます。感染症のリスクが低いので、固定後定着すればコンタクトレンズよりもむしろ安全で、角膜を削らないといった点ではレーシックよりも安全だと言われています。

レーシックと同じですが、なによりコンタクトレンズの煩わしさから解放されることが大きいでしょう。

目の中にコンタクトレンズを入れる、と言う話を初めて聞いた時は流石に抵抗を受けました。しかし、フェイキックIOLの手術を受けた方のレビューを見たり、フェイキックIOLの情報を調べるうちに、怖さよりも術後の希望の方が大きくなっていきました。

フェイキックIOLをするという決断する

そんなこんなでフェイキックIOLを受けようかどうしようか、非常に悩む期間が続きました。

手術の怖さもあるのですが、フェイキックIOLの費用もレーシックと比べると非常に高額です。

目に入れるレンズの種類も複数あり、レンズによっても価格が異なってきます。私がフェイキックIOLの手術を受けた際は、調べたところ片目20万円と言うのが最低の価格となっていました。両目で40万円超が予想される費用です。

単純にレーシックの倍の費用がかかる計算でした。そのため受けるか受けまいか、非常に悩みました。しかし、早く手術を受ければコンタクトレンズの費用が浮きますし、コンタクトレンズの煩わしさから解放されます。

そのようなことをよく考えて検討し、思い切ってフェイキックIOLを受けることを決。最安値を謳っている病院に電話をしたのです。

フェイキックIOL手術を受けるまでの流れ

フェイキックIOLを受けるまでの流れですが、まず、レーシックの手術を受ける時と同じように、手術が可能であるか検査を行いました。

検査日の1週間まえからコンタクトレンズを使わないで生活するように言われました。コンタクトレンズを付けた生活が普通だった私は、それが地味に辛かったのを覚えています。

検査では視力検査から角膜の厚さを測る検査、細胞の数を測る検査等、色々な検査を実施しました。

検査の結果、フェイキックIOLの手術は可能と言うことでしたが、先生から誤算を聞かされることに。検査の結果、結構な乱視もあるので、乱視も対応できるレンズの方がいいとのことでした。なんとそのレンズは片目30万円と言うのです。当初から想定していたレンズよりも10万円高額なものでした、両目で20万円も想定よりも高い値段です。

それを聞かされた時は非常に驚きましたが、ここまで来て後に引くことはできません。思い切って片目30万円のレンズでフェイキックIOL手術をすることを決断しました。

先生のお話だと、このレンズでも安いレンズとのことで、インド製のレンズでした。いわゆるジェネリックのようなレンズとのことで、ジェネリックでないと片目だけでも40万円になるそうです。

また、レンズを入れると基本的に眼圧が上がります。加えてレンズのせいで目の中に流れている液体の流れを止めてしまい、更に眼圧があがる可能性があるので、レンズを入れる前に、目の中を流れる液体の通り道を作る手術が必要とのことでした。

高額なレンズであれば、レンズ自体に液体の通り道が付いているので、手術の必要がないと言うことでしたが、圧倒的にジェネリックののレンズの方が安いので、その選択肢はありません。

液体の通り道を作る手術自体は簡単な手術とのことで、すぐにやってもらえることになりました。

フェイキックIOL前段階の手術を受ける

手術室に通され、目の検査をするときに座るようなタイプの椅子に座ります。

先生が強力なライトで目を照らしながら、目の内側に電子メスのようなもので穴を開けていく手術なんですが、これがとても怖くてしんどいんです。

まずすごい光を当てられるので、それに耐えるのがしんどいです。

まぶしいけど我慢してねー、と先生は言うのですが、まぶしさを我慢することなんて、生まれてこのかた経験したことがありません。

必死で我慢するのですが、あまりのまぶしさに体がプルプルと震えてくるのです。

そして眼の中の液体の流れ良くする穴を開けるときに、機械からとても大きな音で「バチン!バチン!」という衝撃音が発生するのです。

先生は動いたらとても危ない、と言うのですが、あまりのまぶしさで体が震えてしまうのです。その恐怖と言ったら、これまで経験したことのない恐怖でした。

短時間で終わる簡単な手術だと聞いていたのですが、蓋を開けてみたらとてもしんどい、恐ろしい手術でした。しかし、この恐怖に耐えることで安いレンズを入れられるのであれば、我慢のしがいがあるというものです。なんとか無事に目の中に穴をあけてもらいました。

そこから実際にレンズを入れる手術までは少し間が空き、その間もコンタクトレンズは使えず、ずっとメガネを使用するしかありませんでした。しかし、もうすぐコンタクトレンズともメガネともオサラバできると考えると、その期間は難なく耐えることができました。

ついにフェイキックIOLの手術を受ける

フェイキックIOLの手術は日帰りで行うことができます

手術の前日は緊張でとても落ち着きませんでした。なんといっても、前回の手術の際と同じように、超強力なライトを照射されるわけですから、それに耐えられるかどうか心配でした。

朝病院を訪れて、瞳孔を開く目薬を数回に分けて点眼していきます。瞳孔が開くので辺りが明るくなって、常にまぶしく感じるようになります。まぶしさと同時に緊張感も高まってきます。

フェイキックIOLの手術台に通される

手術室に通され手術台に座ります。手術台の椅子は歯医者さんの椅子のような感じでした。

手術の際に麻酔は使うので痛みはあまりないのですが、意識は普通にある状態で手術が行われるので、その恐怖と言ったらありません。

自分の目にメスが迫ってくることや、目がメスで切られていることをはっきりと認識できるのです。そしてやはり強い光で照射されているのでまぶしい…。

まぶたは専用の器具で固定され、まばたきができないようになっており、逃げ場がない状態です。

はじめは強い光を当てられることのまぶしさに耐えられるか心配していましたが、それ以上に恐怖感が勝り、まぶしいことはあまり気にならなかったように思います。

フェイキックIOLの手術痛みはないけどすごい恐怖感

痛みはないのですが、今自分の目に何をされているのか、よくわかるのです。

目の中にレンズが入っていく時は少し感動しました。感覚としては水中から水面を見ているような感覚に似ています。

水面が揺れて、水面から出た瞬間、非常に綺麗な光景が目の前に広がります。

レンズが目の中に入ってくる圧を感じながら、ボンヤリした自分を照らすライトが、急に綺麗にクリアに見えるようになるのです。

そしてレンズを目の中に固定して、切ったところを糸で縫って終了です。片目に20分から30分くらいの時間がかかっていたのでしょうか。とても長い時間に感じました。手術後は手術室のとなりにある休憩室に通されます。30分くらい何もしないで休むように指示されました。

ソファーのようなゆったりとできる椅子で、ゆっくり休みます。この時はまだ目が良くなった実感はありません。30分経過して、診察室に通されます。先生に目の様子を確認してもらい、この日は終了です。手術は問題なく終了し、無事成功とのことでした。術後しばらくは目を保護するメガネを着けて生活します。手術前に花粉症用のメガネをいただきました。

術後から確かに目が良くなった感じはするのですが、そこまで良く見えてる感じがしません。今まで使っていたコンタクトレンズを着用しているときの方が見えてる気がします。

フェイキックIOL手術後は徐々に視力がよくなってくる

レンズが徐々に慣れてくるとともっと良く見えるようになるとのことで、術後の当日はそこまで良く見えないようでした。

自宅に帰ってから鏡で自分の目を確認してみてびっくり、術後のため目が真っ赤になっています。炎症を抑える目薬と、感染症を抑える目薬をもらっているので、それをしばらく点眼していきます。

入浴は1週間くらいできないのと、寝る際は目を保護するメガネを着けて寝ます。術後しばらくはそういった我慢の生活が続きました。

術後の翌日、3日後、1週間後と定期的に診察を受けて異常がないことを確認してもらいます。手術後3日後くらいからでしょうか、以前よりも視界がクリアになったような感じを実感できました。

しかし、暗いところで明るい光を見るとすごくまぶしく感じたり、光っている部分に輪がかかったような見え方がすることに違和感を感じていました。そういった違和感は徐々に改善されていきましたが。

定期的に診察を重ねていき、問題ないことを確認してもらうのですが、徐々に視力が安定していき、最終的には両目とも1.5まで視力が改善されました。

レンズを入れた目の縫い痕も、自然になくなる糸を使っているそうなので、そのままで大丈夫のようです。

フェイキックIOLをやってみて

個人的な感想ですが、フェイキックIOLの手術はとても怖かったです。しかし、その一時の怖さよりもくらべものにならないくらいのメリットがあったことを実感しています。

フェイキックIOLをやってみて大正解だったと思います。正直今までと世界が変わったような気がします。今までの景色で、気がつかなかったことが気づけるようになりました。なんでもないビルやマンションの、細かいタイルの目がはっきりと見えるのです。電車の車窓から見える景色も、今までより遠方がはっきり見えるので、世界が広がったような気さえします。

コンタクトレンズやメガネを使っていた時の煩わしさもありません。

私は検査の結果、眼圧が高いようで、定期的に病院にくるように言われ、現在まで定期的に、3ヶ月に1回の頻度で通院を続けています。定期的に目の状態を確認できるので、面倒ですがむしろ安心できます。

強度近視の人は眼圧が高いようで、緑内障の危険性が高いとのことでした。

結果的に私のフェイキックIOL手術は大成功の大正解でした。もっと早くに決断しておけばよかったです。

The following two tabs change content below.

タカシ

ひよっこブロガー、38歳の普通の会社員です。サウナ、ラーメンが好きです。 精神保健福祉士、社会福祉士、公認心理師を取得しており、現職の医療従事者です。 言いたいことも言えないこんな世の中だからこそ、このサイトで色々吐き出したいと思います。

作成者: タカシ

ひよっこブロガー、38歳の普通の会社員です。サウナ、ラーメンが好きです。
精神保健福祉士、社会福祉士、公認心理師を取得しており、現職の医療従事者です。
言いたいことも言えないこんな世の中だからこそ、このサイトで色々吐き出したいと思います。