カテゴリー
ゲームのこと 食レポ

東京競馬場は最高のグルメスポット

人間生きていると嫌なことがままある。

自分はそんな気持ちになった時、自然と東京競馬場に足が向かう。

東京競馬場は日々の鬱々とした気持ちを吹き飛ばしてくれる、そんな場所だ。

東京競馬場は色々な楽しみ方ができるが、自分流の発散方法はグルメを楽しむこと

もちろん正攻法に馬券を楽しむのもアリなのだが、馬券が全く当たらなかった時はさらに気分が落ち込むので良くない。

グルメを楽しむついでに馬券も少し買う、そして当たればラッキー、といった感じだ。あくまでもグルメを楽しむのがメイン。

東京競馬場にはたくさんのグルメスポットがある

新型コロナウイルス感染症のため、以前よりもやっている店が少なかったのだが、コロナも一旦落ち着いたことで、以前と同じようなフルオープンに近い状態でグルメスポットが営業再開となっている。

そんなわけで朝飯抜きでノコノコと東京競馬場にやってきた。

最高の競馬日和

快晴の東京競馬場

来たる2022年11月13日、天気は快晴で、そこまで寒くない。最高の競馬日和だ。

土曜日の東京競馬場は比較的空いている。東京競馬場で重賞が開催されるが、当日でも指定席を予約することができた。

予約した指定席に向かう前に、早速本日のメインイベントにしゃれ込む。

東京競馬場 鰻の神田川

ずっと行きたかったが、なかなか行くことができなかった、鰻の神田川である。

神田川はコロナでずっと休業中であったこともあり、久しぶりの営業となっている。

また、これまでなかなか食べに行くことができなかった理由として、結構高価であるためなかなか踏ん切りがつかなかった。

東京競馬場には低価格で楽しめるグルメがたくさんあるので、わざわざ高い鰻を食べよう、とはならないのだ。

不思議なことにメインのレースに三千円投票することは抵抗がないのだが、三千円の鰻重を頼むのは勇気がいる。

大きな馬券を当てることができれば、よしいこう、となるのだろうが、自分にはその機会が全くなかった。

なので、今回は東京競馬場の神田川で鰻を食べる、というつもりで東京競馬場に来たわけだ。

東京競馬場レストランフロア

レストラン街は上の方にある。コロナ禍では閉鎖されていたので、活気が戻って嬉しい。

東京競馬場 神田川

さて、神田川にやってきた。流石の佇まいである。

なるほど、はじめにレジで注文を取る形式か。

何にしようか迷った挙句、ノーマルな鰻重を注文した。

三千円の特鰻重にするつもりだったが、寸前で日和ってしまった。

まあうなぎの量が違うだけで味は同じだろう。

店内は昼食には早い時間だったこともあってか空いている。

店内にはレース映像を放映するモニターがあり、そのモニターが見える位置の席が人気なようだ。

席に座って一息つくと、すぐに鰻重が出てきた。吉野家の牛丼並みに出てくるスピードが速い。

神田川 うなぎ

おそらくはすぐに出せるように準備しているのだろう。

鰻重とお新香というシンプルなセット内容。

神田川 うなぎ

蓋を開けると綺麗な鰻の蒲焼が鎮座している。山椒の小袋が付いているのでそれをかけていただく。

まあ旨くないワケがない。普通に美味しい。

神田川 うなぎ

ありきたりの感想を述べると、柔らかくて小骨がなくて臭みがない。いわゆる美味しい鰻だ。

しかしなんだろう、美味しいけれどそこまで感動はない。むしろお新香が予想以上に美味しくて感動した。お新香の白菜がとっても美味しい。

丁度いい塩加減、完璧なお新香だ。

ご飯は少し柔らかめ。ご飯は1cmくらいの厚さだったので、ペロリと行けてしまった。

期待値を上げ過ぎてしまっていたが、普通に美味しかった。

朝の時間帯はお得なキジ丼というのが目玉のようで、次はそれを頼もうと思う。

特鰻重はいつか大勝した時のご褒美としてとっておくことにしよう。

東京競馬場指定席に向かう

さて、鰻重は美味しかったにで満足なのだが、ご飯の量が控えめだったこともあり、腹具合は7分目といったところだ。

一旦予約した席に着席する。

東京競馬場観戦席より

さすが東京競馬場の6階席は開放感がハンパない。屋外だが寒くなく、ちょうどいい気温だ。

何か買ってきてここで食べよう。

東京競馬場ワールドグルメフェス

内馬場のイベントスペースでワールドグルメフェスをやっているらしい。

指定席からは少し遠いが地下道から内馬場へ向かう。

東京競馬場ワールドグルメフェス
東京競馬場ワールドグルメフェス

昼食の少し前の時間ではあるが、イベントスペースは人で賑わっていた。人気のお店は行列ができている。

ワールドグルメフェス タコス

ピンと来たタコスを買って帰ることにする。

注文すると店主が手際よく作ってくれた。タコス650円。

東京競馬場 タコス

結構ボリュームがあり、挽肉の存在感がすごい。普通に美味しいタコスだった。

お腹も満たされて満足だ。

しばらくは指定席でゆっくりしよう。

東京競馬場 耕一路 ソフトクリーム

あまり大金はかけていないものの、全く当たらないので、じわりじわりとお金が減っていく。

悶々とした時間が続く。

そうだ、こんな時はソフトクリームを食べよう。

私が世界一美味しいと思うソフトクリームが、ここ東京競馬場にある。耕一路のソフトクリームだ。

口溶けが爽やかでいて濃厚。とてもバランスの取れたソフトクリームなのだ。

耕一路のソフトクリームは夏に食べるのが最強なのだが、もちろん秋や冬に食べても美味しい。

日曜日の終わりの時間帯には売り切れてしまうほどの人気商品なのだ。

土曜日なので遅い時間でも購入できるだろう。そう思い耕一路まで足を運ぶ。

やはり耕一路の脇には長い行列ができていた。

空いている土曜日といっても、耕一路のモカソフトは大人気。

隣のふくみつのソフトクリームも相当美味しいのだが、耕一路の行列に並ぶことにした。

モカソフトやコーヒーフロート注文ばかりなので、行列ができていても回転は速い。5分くらいでレジに辿り着いた。

もちろんモカソフトを注文。

手際よくソフトクリームが作られる。

耕一路 ソフトクリーム


受け取ってペロリ。うむ、やはり美味い。

あっという間平らげた。

その後はレースに熱中し過ぎてしまい、気がついたら最終レースだった。

東京競馬場 最終レース終了後
東京競馬場 閉場前

金銭的にはそれなりにやられてしまったが、美味しいものを食べることができただけに、充実感があり、満足度は高かった。

あとがき

コロナ禍の対応が終わったおかげで、以前と同じように、指定席だと隣りに、知らない人が座ってくる。

以前は隣に人が来ないように間引いて席も売っていたんだが。

知らない人がむしゃむしゃ何か食べているような状況は流石に抵抗がある。

譲り合いの精神が大切なのは無論であるが、コンセントも自然と取り合いになってしまう。

コロナがもう少し落ち着くまでは間引いておいて欲しかった。

ウェルカムキャンペーン ネックウォーマー

馬券は散々だったが、ウェルカムキャンペーンでc賞が当たり、ネックウォーマーをもらった。素直に嬉しい。

カテゴリー
思うこと

ジェネティクス 室町ステークス6着

出資馬のジェネティクスが11/13(日)阪神10Rダート1200室町ステークスに出走した。

エリザベス女王杯の一つ前のレースで、鞍上は世界のCデム騎手だ。

昨年の天王山ステークス以降、振るわない結果が続いているため、ここは今までと違う走りを期待したいところ。

長期の休養を挟んで臨んだ前走も、そのような気持ちでいたが、スタート直後に躓いてしまい、早々に終了。落馬にならなかったことについては団野騎手を賞賛したい。

ジェネティクスが出走してきたこれまでの阪神ダート1200は、出走登録がとんでもない数になることが常であり、一回除外になってから除外の権利を持って、出走という流れであった。しかし、今回は運良く出走登録も少なく、そのまま出走できる運びとなったのだ。

エリザベス女王杯の開催日ということで、短期免許で来日している世界の一流ジョッキー達が、阪神競馬場に集結している。鞍上のcデムーロジョッキーもその一人だ。

松山ジョッキーも阪神競馬場にいるので、松山ジョッキーでもいいんじゃないかと思うが、色々な都合があるのだろう。

しかし、さすがは世界のcデムさん。前日の阪神ダート1200はとても上手に乗れているのである。

それもジェネティクスがこれまで勝って来た時と同じような、先行して粘るような走りだった。この走りができるようなら期待できると確信した。この時は。

Cデムさんは上手い。結果的にCデムさんはメインのエリザベス女王杯でジェラルディーナに跨り、見事優勝するのである。

ジェネティクスはというと、前走からプラス4キロの524キロで、体重も問題なし。

パドックもいつも通りで、普通に走ってくれれば勝ち負けだろうと思っていた。

あと手前を変えない問題もずっと言われていたが、Cデム騎手が問題ないと言っていたので、半信半疑ながら大丈夫だろうと思っていた。

発走時刻になりいざ出走。

スタートはまずまず、自慢のダッシュ力で前のほうに取り付ける。

4番手5番手くらいで4コーナーを出て直線に向かう。

直線に入ってからは内側のジャスティンとヒロシゲゴールドを抜かして先頭のエアアルマスを追う。

伸びれば頭まである!と興奮して見守るが、そこまで伸びないし手前もなかなか変えない…

先頭のエアアルマスとの差は詰まらないうえに後続がどんどん追い込んでくる。

そこそこ粘り腰を見せるも、追い込み勢と一緒にゴール板になだれこみ、結果6着であった。

最近の走りに比べると遥かに見応えはあったが、優勝したエアアルマスとの差は歴然であった。

3着まではタイム差無しだっただけに、展開次第では入着もあっただろう。

しかし、Cデムさんはほぼベストに近い乗り方をしてくれた。手前はどうやらゴール手前100メートルで変えていたらしい。

もう少し早めに変えてくれていれば結果も変わっていただろうか。

しかし、これまでの走りとは違う、本来に走りができたのは収穫だろう。

ダート1200にこだわるしかないとなると、なかなか出走も叶わない。中央で継続的に走るためにもここは賞金が欲しかった。

地方に転厩という選択肢はなさそうなので、次はなんとか勝ちに繋げて欲しい。

カテゴリー
買ったものの話し

オゾン発生器を購入した話

オゾン発生器購入レビュー

この度、オゾン発生器を購入してみて、しばらく使用してみたので、使用感についてレビューしてみたい。

私はエアーイオンフレッシャーという製品を、長らく愛用していた。この製品はオゾンを発生させるタイプの空気清浄機で、フィルターもなく、お手入れも簡単。オゾンを発生させるので消臭効果が抜群であった。

フィルター的な役割を果たす金属の板は消耗品なので、掃除をしても汚れが落ちない時は、その板のみを購入して使っていた。

しかし今やかなり昔の商品であるため、本体やオゾンを発生させる板は希少で売っていないのだ。

そこでオゾンを発生させる専用の機械を買ってはどうか、という考えに至ったわけなのである。

オゾン発生器はアマゾンで購入可能

調べてみるとオゾン発生器は色々な種類があり、値段もピンキリで簡単にAmazonで購入できることがわかった。

販売している価格帯としては1万円から2万円程度で、そこまで高くない。

わかったこととしては、オゾン発生器はどれも四角い同じような形をしており、業務用として販売している強力なものもあることだ。

一方でオゾンという物質の特性についてもわかってきた。詳しくは各自調べて貰えば色々とわかると思う。

重要な点を記載すると、オゾンは強力な消臭効果があり、残留性もなく酸素に変わる物質であること。

強力な消臭力がある一方で、中途半端な量だと効果がないこと。

オゾン自体は危険性が少ないが、オゾンの濃度が高くなることで人体にも影響があること。

人体に影響があることから決められた使い方を厳守すること。

人体に影響があると聞くと、少し物騒に感じるかもしれないが、使い方さえ間違えなければ安全ということだ。

また、ほとんどのオゾン発生器自体にはタイマーが付いているようで、連続使用ができないようになっているらしい。

今回私がAmazonで購入したオゾン発生器はこちら。

10000円を切る価格ながら、オゾンの発生量は他の製品を圧倒する24000mg/h。

レビューの評価もそこそこ。

失敗しても7400円なので諦めもつきやすい。軽い気持ちでポチってしまった。

そして届いたセットがこちら。

オゾン発生器
オゾン発生器


専用のプラスチックのケースに入っており、本体は高級感のあるステンレス。

説明書も入っていたがとてもシンプル。

部屋の広さに応じた、目安の可動時間が書かれている。

実際に試してみる。ケーブルを本体に差し込み、タイマーを回してスイッチを入れる。

すると、サーーッという音と共に本体から風が吹き出してくる。

これがオゾンなのだろう。独特な匂いも漂ってきた。嫌な匂いではない。清々しい匂い、気持ちのいい感じの匂いだ。

なんとも表現の難しい匂いではあるが、個人的には嫌な匂いではない。今まで使っていたエアーイオンフレッシャーからも出ていた匂いであったので、馴染みのある匂いだった。この匂いを嗅ぐと、空気が綺麗になっている感じがする。

オゾンを発生している場所に長くいると危険とのことで、速やかにその場を離れる。

オゾンを発生させている空間は密室にしていないとダメらしい。

密室の空間にすると、その場で何が起きているかわからない。

無事にオゾンが出ているのかどうか、タイマー通りに停止しているか不安だったが、タイマーが切れてから40分経過するのを待つ。

時間になって恐る恐る密室にしていた扉を開ける。すると、強いオゾンの匂いが空間一面に広がっている。

残留性はないとのことだが、換気をするようにとのことなので、扉と窓を開けて空気を入れ替える。

換気をすることで多少オゾンの匂いは和らいだ。

当初は部屋の匂いがオゾンの匂いに書き換えられているだけかと思ったら、驚くことに部屋のありとあらゆる匂いが消えているのだ。

一番わかりやすかったのが玄関、靴箱の空間だ。下駄箱を開けた状態で玄関の空間にオゾンを発生させたのだが、下駄箱の嫌な臭いがが一掃された。

オゾン発生器を購入してみてまとめ

オゾン発生器を購入してみて、久々のベストバイだと思う。

使用方法を守れば安全なので、オススメの一品だと思う。

カテゴリー
思うこと

私のギャンブル観

今回もギャンブルについて書いていこうと思います。

私自身も昔はギャンブルにはまっていた時期がありました。

パチンコパチスロ以外にもハマる

私のギャンブルの始まりはパチンコパチスロでしたが、その後も色々なギャンブルにハマって手を出しました。

競馬、競艇、競輪にハマり、現在でも時々嗜む程度にやっています。

ギャンブルと見るかスポーツと見るか

競馬と競艇と競輪それぞれに言えることは、ギャンブルといえば聞こえが悪くなってしまうのですが、それぞれスポーツとしてみた場合、奥が深くてとても面白いということです。

お金をかけた方が正直楽しむことが出来ると思いますが、公営ギャンブルはお金をそこまで賭けなくても楽しむことができるスポーツだと思います。

お金を賭けなくても楽しむことができる人もいるようですが、お金を賭けた場合は真剣具合が変わってきます。お金を賭けた分応援にも気持ちが入る気がします。

しかし、大金を賭けてしまうとお金が第一になってしまうので、レースよりもお金が増えるかどうかが重要になってしまうのです。

私はそういった考えを持つようにしてから、公営ギャンブルに使うお金の額が一気に減りました。昔はG1のような大きなレースのたびに数10万円賭けることもありましたが、今考えるととても馬鹿馬鹿しいですね。

競馬の魅力

公営ギャンブル全てに言えることですが、スポーツとして楽しむのであれば、現地に観戦しに行くことをお勧めします。映像でも充分楽しめるのですが、現地での観戦だと迫力が違います。

また、現地では様々なギャンブル場のグルメがあり、観戦以外でも楽しむことが出来ます。

特に競馬に関して言うと、中央競馬の競馬場と南関東競馬の競馬場は綺麗で、ギャンブル場の汚いイメージとは程遠い作りになっています。グルメも沢山あって非常に魅力的です。

競馬は特に奥が深く、馬の血統や厩舎、調教に様子や過去の競争データから予想をしていきます。

自分なりの予想を立ててそれが的中した時はとても気持ちがいいのです。一方で外れた時は悔しいのですが、なぜ当たらなかったのかを考察して、次の予想につなげていきます。全く当たらない時期は嫌になるのですが、その逆もあり、予想がどんどん的中する時期もあったりするのでやめられません。

私は現在中央競馬の重賞のみ予想し、低額の資金で毎週楽しんでいます。時々東京競馬場や中山競馬場、大井競馬場に出向き、現地での観戦を楽しみます。

カテゴリー
おっさん

最近気づいた腸活の大切さ

最近巷ではヤクルト1000が流行っています。

そんな状況もあってか、中年になった今、腸活について考え直しています。

おっさんはお腹を壊しやすい

大前提の話として、おっさんはお腹を壊しやすい生き物です。常に下痢をしている人もいるくらいです。

そもそも男性は女性よりも胃腸が弱く、お腹を壊しやすい体質になっているのです。そのため、日々の生活はお腹をいたわった行動を心がける必要があります。

冷たいものは食べない、飲まない

特に重要と思うのが、この冷たいものを食べない、飲まないということです。飲むものは冷たいものを避けて、なるべく温かいもの、常温の飲み物を飲むようにしましょう。夏なんかは特に冷たいものが欲しくなりますが、アイスクリームや冷たい飲み物はおっさんの大敵です。一瞬で腹痛から下痢に至ってしまう危険性があるので、冷たい飲み物、食べ物は避けるようにしましょう。

辛い食べ物を避けよう

極端に辛いものもお腹によくありません。ある程度の辛味であれば問題ないのですが、激辛系の食べ物は良くありません。すぐにお腹が痛くなってしまいます。消化がうまくいかないので、排便時に肛門からそのまま辛い成分が排出されるので、肛門もヒリヒリ痛く、非常に辛い状況となります。

おっさんは激辛系の食べ物は避けたほうがいいでしょう。

整腸剤をのむ

ビオフェルミン製薬を代表とする整腸剤を服薬することも有効です。私も下痢気味だった便がある程度改善されました。

食生活を見直す

食生活を見直して、今以上に野菜を食べるようにしましょう。食物繊維を意識的に摂ることが、おっさんには求められています。

特に手軽でオススメなのがオクラです。オクラを食べると腸内環境が劇的に改善され、ウンチがモリモリでます。

睡眠時間をしっかりとる

睡眠時間をしっかりと確保することも重要です。寝ている間に胃腸を含めた内臓が休まるので、睡眠は腸内環境の改善につながります。意識的に睡眠をとるようにしましょう。

カテゴリー
日々のこと 買ったものの話し

モテる香水SHIROサボン練り香水 レビュー

一昔前にモテる香水と話題になりました、SHIROサボン練り香水を、今更ながら購入しましたので、レビューしたいと思います。

SHIROサボン練り香水はAmazonで購入できる

SHIROサボン練り香水はAmazonで簡単に購入できます。

店舗に直接買いにってもよかったのですが、店舗は都心にしかないようなので、Amazonで購入しました。

Amazonなので、注文してからすぐに商品が届きました。

SHIROサボン練り香水のサイズ感

サイズ感はこんな感じで、結構コンパクト。

ガンガン使っていったら直ぐになくなってしまいそうです。しかし、時間が経過すると香りが飛んでしまうようなので、開封したら早目に使い切ってしまうのが良さそう。

そうなると丁度いいサイズなのかも知れませんね。

SHIROサボン練り香水の香りは甘い石けんのような香り

肝心なSHIROサボン練り香水の香りですが、清潔感のある石けんのような香りがします。ほのかに甘い香りで、いかにも香水!といったいやらしさはありません。

自分が常に嗅いでいるぶんにも、非常に心地よい香りです。

コロナ禍だとマスクの裏に少量塗っておくと快適ですね。

SHIROサボン練り香水 周りの反応は

気になるのはSHIROサボン練り香水を使った際の、周りの反応ですよね。

一般的な普通の香水だと、絶対的な拒否反応を示す人も少なくありません。しかしこのSHIROサボン練り香水は万人にウケる香りと評判です。

コロナ禍だとSHIROサボン練り香水の効果を実感しづらい

数日間SHIROサボン練り香水を使用しましたが、特に周りの反応はありませんでした…

そもそもみんなマスクを常にしているので、他の人の臭いにあまり気づかないみたいですね。不快な体臭が気になる人は時々見かけますが、逆にいい匂いの人はあまり見かけません。

マスクをしているせいで、いい匂いに気が付きづらいんでしょうね。

また、夏の時期だと汗で流れてしまったり、汗を制汗のボディータオルで拭いたりするため、せっかくのいい香りが定着しづらい、ということもあると思います。

SHIROサボン練り香水の効果はコロナ禍明け、または冬の時期に期待

SHIROサボン練り香水の効果を実感するには、今は時期が良くないと感じました。

コロナ禍が終了したら、または冬の時期だと、もう少し周りの反応が違いと思いました。

しかし、SHIROサボン練り香水の香りは本当にいい香りなので、使っていて気分がいい!

本当にオススメです!

カテゴリー
やったことレポ 日々のこと

フェイキックIOLを受けた話

こんにちは!近眼でしたがメガネとオサラバして、現在は裸眼のタカシです!

加齢を重ねるごとに視力が悪くなってくるせいか、メガネをしているおっさんはたくさんいます。私もそんなおっさんの一人でした。

もともと小学校低学年くらいの時期から近視が進み、かなりの強度の近視を患っておりました。

今思い返すと、当時流行したゲームボーイやスーパーファミコンのテレビゲームが原因の一つだったように思います。

しかし、30歳を手前にして一念発起し、視力を向上するための手術、フェイキックIOLを受けることを決意しました。

モテるおっさんはメガネをしないことに気づく

これは私の偏見もあるかもしれませんが、モテるおっさんはメガネをしていないおっさんが多いと思います。

もちろんセンスのあるメガネをかけているイケてるおっさんもいますが、メガネをかけることで様々なハードル上がって来ます。

モテるおっさんはメガネをしていないことに気付いたことも、私がフェイキックIOLを受けることを決意した理由の一つです。

メガネをかけると顔がゆがむ

そもそも、近視用のメガネを普通にかけるとレンズの屈折率の関係で、目が小さく見えてしまいます。

更に度が強いレンズだとメガネの部分が不自然に輪郭が凹んで、顔が歪んで見えてしまうのです。

そのため、ある程度近眼が進んでしまうと、目が小さく見えたり輪郭が凹んで見えたりと、不自然な、いわゆるブサイクに見えてしまうのです。

ですので、ある程度近視の強度が進んでしまうと、顔がゆがまないように、コンタクトレンズ等のメガネをかけない対策に気を付けていました。

私の場合はかなり強度な近視であったため、普段使っているメガネのレンズもかなりの厚さでした。メガネをかけた状態で正面からみると、不自然に顔の輪郭がへこみ、少し目も小さく見えてしまうような状態でした。これもかなりのコンプレックスだったように記憶しています。

コンタクトレンズの欠点

私も長らくコンタクトレンズを使用していました。

コンタクトレンズをつけている間は非常に快適で、メガネをつけているときのような煩わしさがなくなることは非常に良い点でした。

しかし、コンタクトレンズはコンタクトレンズの煩わしさがあるのです。

コンタクトレンズには種類があり、ソフトコンタクトレンズか、ハードコンタクトレンズか、使い捨てか、手入れをする必要があるものか等、様々な種類があります。

私は以前はソフトコンタクトレンズを使っていました。手入れが必要なタイプは、使用後に消毒、中和が必要だったり、指で軽くこすり洗いが必要だったりと、手入れが非常に面倒でした。消毒後中和をし忘れて、そのままコンタクトレンズをつけてしまったこともあり、非常に危ないこともありました。

一方で使い捨てのコンタクトレンズを使っていた時期もあり、その時は非常に快適に過ごすことができていたように思います。

手入れが必要なコンタクトレンズから使い捨てのコンタクトレンズに変えた時はとても感動しました。

しかし、手入れが必要タイプから比べると、コストパフォーマンスが悪く、なくなるたびに高額な使い捨てレンズを購入する点が煩わしかったのを覚えています。

あと、どちらのタイプにも言える、ソフトコンタクトレンズの注意点なのですが、コンタクトレンズをしたまま寝ることができません。

コンタクトレンズをしたまま寝てしまうと、コンタクトレンズが乾燥して、目の角膜を傷つけてしまうので、非常に危険なのです。

そのため、コンタクトレンズをつけた状態では、うかうかとうたた寝をすることもできないのです。短時間の睡眠であれば大丈夫なのですが、そのままぐっすり寝てしまうと非常に危険です。

私も何回かコンタクトレンズをつけた状態で寝てしまったことがあるのですが、コンタクトレンズが乾燥してしまい、目が開かないような危険な状態になってしまいました。

コンタクトレンズはメガネに比べると非常に快適なのですが、注意して使わないと非常に危険なものなのです。

レーシック術を受けようとしたことも

そこで私はそのコンタクトレンズの煩わしさから解放されるべく、視力を向上させる手術を検討しました。

私が初めに検討したのはレーシック手術です。レーシック術とは目の表面の角膜を削り、レンズのような屈折を作り、視力を向上させるというものです。当時は両目で20万円くらいで手術ができるところが最安値だったと思います。現在はレーシック術にも種類が増えて、価格ももっと安くなっているかと思います。

私は当時最安値の病院を予約して、色々な検査を受けました。しかし、結果は残念ながらレーシック術は受けられない、という結果でした。

近視の度数が強く、屈折率を確保するために削る角膜の厚さが足りない、ということが理由であると説明を受けました。

メガネやコンタクトレンズの煩わしさから解放されるべく、大きな期待と希望を持って病院にいきましたが、あっけなく私の希望は打ち砕かれたのです。

フェイキックIOLの存在を知る

希望を持ってレーシックの手術に臨み、結局レーシックの手術を受けることができなかった訳ですが、どうやって視力を回復したのか、ということについて書いていきます。

私は結局のところフェイキックIOLという手術で視力を回復させました。

レーシックがダメになってからは、しばらくコンタクトレンズを使う日々を過ごしていましたが、そこから十数年後、フェイキックIOLの手術でクリアな視界を手に入れることができました。

フェイキックIOLとは

フェイキックIOLとは、簡単に言うとコンタクトレンズを目の中に入れて固定させる、と言う手術です。

永久的に体内に入れても大丈夫なコンタクトレンズを、角膜を切って目の中に固定させます。感染症のリスクが低いので、固定後定着すればコンタクトレンズよりもむしろ安全で、角膜を削らないといった点ではレーシックよりも安全だと言われています。

レーシックと同じですが、なによりコンタクトレンズの煩わしさから解放されることが大きいでしょう。

目の中にコンタクトレンズを入れる、と言う話を初めて聞いた時は流石に抵抗を受けました。しかし、フェイキックIOLの手術を受けた方のレビューを見たり、フェイキックIOLの情報を調べるうちに、怖さよりも術後の希望の方が大きくなっていきました。

フェイキックIOLをするという決断する

そんなこんなでフェイキックIOLを受けようかどうしようか、非常に悩む期間が続きました。

手術の怖さもあるのですが、フェイキックIOLの費用もレーシックと比べると非常に高額です。

目に入れるレンズの種類も複数あり、レンズによっても価格が異なってきます。私がフェイキックIOLの手術を受けた際は、調べたところ片目20万円と言うのが最低の価格となっていました。両目で40万円超が予想される費用です。

単純にレーシックの倍の費用がかかる計算でした。そのため受けるか受けまいか、非常に悩みました。しかし、早く手術を受ければコンタクトレンズの費用が浮きますし、コンタクトレンズの煩わしさから解放されます。

そのようなことをよく考えて検討し、思い切ってフェイキックIOLを受けることを決。最安値を謳っている病院に電話をしたのです。

フェイキックIOL手術を受けるまでの流れ

フェイキックIOLを受けるまでの流れですが、まず、レーシックの手術を受ける時と同じように、手術が可能であるか検査を行いました。

検査日の1週間まえからコンタクトレンズを使わないで生活するように言われました。コンタクトレンズを付けた生活が普通だった私は、それが地味に辛かったのを覚えています。

検査では視力検査から角膜の厚さを測る検査、細胞の数を測る検査等、色々な検査を実施しました。

検査の結果、フェイキックIOLの手術は可能と言うことでしたが、先生から誤算を聞かされることに。検査の結果、結構な乱視もあるので、乱視も対応できるレンズの方がいいとのことでした。なんとそのレンズは片目30万円と言うのです。当初から想定していたレンズよりも10万円高額なものでした、両目で20万円も想定よりも高い値段です。

それを聞かされた時は非常に驚きましたが、ここまで来て後に引くことはできません。思い切って片目30万円のレンズでフェイキックIOL手術をすることを決断しました。

先生のお話だと、このレンズでも安いレンズとのことで、インド製のレンズでした。いわゆるジェネリックのようなレンズとのことで、ジェネリックでないと片目だけでも40万円になるそうです。

また、レンズを入れると基本的に眼圧が上がります。加えてレンズのせいで目の中に流れている液体の流れを止めてしまい、更に眼圧があがる可能性があるので、レンズを入れる前に、目の中を流れる液体の通り道を作る手術が必要とのことでした。

高額なレンズであれば、レンズ自体に液体の通り道が付いているので、手術の必要がないと言うことでしたが、圧倒的にジェネリックののレンズの方が安いので、その選択肢はありません。

液体の通り道を作る手術自体は簡単な手術とのことで、すぐにやってもらえることになりました。

フェイキックIOL前段階の手術を受ける

手術室に通され、目の検査をするときに座るようなタイプの椅子に座ります。

先生が強力なライトで目を照らしながら、目の内側に電子メスのようなもので穴を開けていく手術なんですが、これがとても怖くてしんどいんです。

まずすごい光を当てられるので、それに耐えるのがしんどいです。

まぶしいけど我慢してねー、と先生は言うのですが、まぶしさを我慢することなんて、生まれてこのかた経験したことがありません。

必死で我慢するのですが、あまりのまぶしさに体がプルプルと震えてくるのです。

そして眼の中の液体の流れ良くする穴を開けるときに、機械からとても大きな音で「バチン!バチン!」という衝撃音が発生するのです。

先生は動いたらとても危ない、と言うのですが、あまりのまぶしさで体が震えてしまうのです。その恐怖と言ったら、これまで経験したことのない恐怖でした。

短時間で終わる簡単な手術だと聞いていたのですが、蓋を開けてみたらとてもしんどい、恐ろしい手術でした。しかし、この恐怖に耐えることで安いレンズを入れられるのであれば、我慢のしがいがあるというものです。なんとか無事に目の中に穴をあけてもらいました。

そこから実際にレンズを入れる手術までは少し間が空き、その間もコンタクトレンズは使えず、ずっとメガネを使用するしかありませんでした。しかし、もうすぐコンタクトレンズともメガネともオサラバできると考えると、その期間は難なく耐えることができました。

ついにフェイキックIOLの手術を受ける

フェイキックIOLの手術は日帰りで行うことができます

手術の前日は緊張でとても落ち着きませんでした。なんといっても、前回の手術の際と同じように、超強力なライトを照射されるわけですから、それに耐えられるかどうか心配でした。

朝病院を訪れて、瞳孔を開く目薬を数回に分けて点眼していきます。瞳孔が開くので辺りが明るくなって、常にまぶしく感じるようになります。まぶしさと同時に緊張感も高まってきます。

フェイキックIOLの手術台に通される

手術室に通され手術台に座ります。手術台の椅子は歯医者さんの椅子のような感じでした。

手術の際に麻酔は使うので痛みはあまりないのですが、意識は普通にある状態で手術が行われるので、その恐怖と言ったらありません。

自分の目にメスが迫ってくることや、目がメスで切られていることをはっきりと認識できるのです。そしてやはり強い光で照射されているのでまぶしい…。

まぶたは専用の器具で固定され、まばたきができないようになっており、逃げ場がない状態です。

はじめは強い光を当てられることのまぶしさに耐えられるか心配していましたが、それ以上に恐怖感が勝り、まぶしいことはあまり気にならなかったように思います。

フェイキックIOLの手術痛みはないけどすごい恐怖感

痛みはないのですが、今自分の目に何をされているのか、よくわかるのです。

目の中にレンズが入っていく時は少し感動しました。感覚としては水中から水面を見ているような感覚に似ています。

水面が揺れて、水面から出た瞬間、非常に綺麗な光景が目の前に広がります。

レンズが目の中に入ってくる圧を感じながら、ボンヤリした自分を照らすライトが、急に綺麗にクリアに見えるようになるのです。

そしてレンズを目の中に固定して、切ったところを糸で縫って終了です。片目に20分から30分くらいの時間がかかっていたのでしょうか。とても長い時間に感じました。手術後は手術室のとなりにある休憩室に通されます。30分くらい何もしないで休むように指示されました。

ソファーのようなゆったりとできる椅子で、ゆっくり休みます。この時はまだ目が良くなった実感はありません。30分経過して、診察室に通されます。先生に目の様子を確認してもらい、この日は終了です。手術は問題なく終了し、無事成功とのことでした。術後しばらくは目を保護するメガネを着けて生活します。手術前に花粉症用のメガネをいただきました。

術後から確かに目が良くなった感じはするのですが、そこまで良く見えてる感じがしません。今まで使っていたコンタクトレンズを着用しているときの方が見えてる気がします。

フェイキックIOL手術後は徐々に視力がよくなってくる

レンズが徐々に慣れてくるとともっと良く見えるようになるとのことで、術後の当日はそこまで良く見えないようでした。

自宅に帰ってから鏡で自分の目を確認してみてびっくり、術後のため目が真っ赤になっています。炎症を抑える目薬と、感染症を抑える目薬をもらっているので、それをしばらく点眼していきます。

入浴は1週間くらいできないのと、寝る際は目を保護するメガネを着けて寝ます。術後しばらくはそういった我慢の生活が続きました。

術後の翌日、3日後、1週間後と定期的に診察を受けて異常がないことを確認してもらいます。手術後3日後くらいからでしょうか、以前よりも視界がクリアになったような感じを実感できました。

しかし、暗いところで明るい光を見るとすごくまぶしく感じたり、光っている部分に輪がかかったような見え方がすることに違和感を感じていました。そういった違和感は徐々に改善されていきましたが。

定期的に診察を重ねていき、問題ないことを確認してもらうのですが、徐々に視力が安定していき、最終的には両目とも1.5まで視力が改善されました。

レンズを入れた目の縫い痕も、自然になくなる糸を使っているそうなので、そのままで大丈夫のようです。

フェイキックIOLをやってみて

個人的な感想ですが、フェイキックIOLの手術はとても怖かったです。しかし、その一時の怖さよりもくらべものにならないくらいのメリットがあったことを実感しています。

フェイキックIOLをやってみて大正解だったと思います。正直今までと世界が変わったような気がします。今までの景色で、気がつかなかったことが気づけるようになりました。なんでもないビルやマンションの、細かいタイルの目がはっきりと見えるのです。電車の車窓から見える景色も、今までより遠方がはっきり見えるので、世界が広がったような気さえします。

コンタクトレンズやメガネを使っていた時の煩わしさもありません。

私は検査の結果、眼圧が高いようで、定期的に病院にくるように言われ、現在まで定期的に、3ヶ月に1回の頻度で通院を続けています。定期的に目の状態を確認できるので、面倒ですがむしろ安心できます。

強度近視の人は眼圧が高いようで、緑内障の危険性が高いとのことでした。

結果的に私のフェイキックIOL手術は大成功の大正解でした。もっと早くに決断しておけばよかったです。

カテゴリー
思うこと 日々のこと

ノーヴァレンダ死亡

7/18 盛岡で行われたg3マーキュリーカップ終了後、出資馬であるノーヴァレンダが心臓麻痺で死亡しました。

マーキュリーカップでは直線を向いてからは足が残っておらず、ピタッと止まってしまい結果8着。

先行勢が多い中、展開がむかずに負けてしまったように思いましたが、中盤まではいつものように軽快に飛ばしていただけに、次走が楽しみになる走りではありました。

レース終わりに命を落としたそうです。

ノーヴァレンダは南関東に移籍してからは先行し、押し切るというスタイルを確立しました。意外にも小回りが得意である事を証明し、川崎競馬場、船橋競馬場ではまさに庭と言った強さでしたね。

それだけに今回の盛岡競馬場でも好走が期待されていました。これからJBC、川崎記念と、ノーヴァレンダの走りを期待していただけにただただ残念無念です。

なお中央時代にノーヴァレンダがお世話になった斉藤師の管理馬、バーデンヴァイラーがマーキュリーカップを優勝しました。

ノーヴァレンダの最後の走りを斉藤師も現地で見ていたことでしょう。

とても残念な結果にはなってしまいましたが、ノーヴァレンダには多くの夢を見させてもらいました。

ありがとうノーヴァレンダ!

カテゴリー
おっさん

おっさんは身だしなみに気を付けたほうがいい

こんにちは!おっさんのタカシです。今回はまた容姿について、書かせていただきます。

おっさんがモテるためには、清潔感がとても重要であるとお伝えしました。

今回も基本は清潔感が大切ですが、おっさんがモテるために気をつけるポイントについてお伝えできればと思います。

ブランド品を身にまとえばモテるという空想

おっさんがモテるため、ブランド品については、極端な話なくても大丈夫です。

もちろんセンス良くブランド品を使いこなせば、品も出ますし、ワンランク上の人間を演出できます。しかし、多くの場合それは難しく、中途半端にブランド品を使うことで下品な印象を与えてしまうことが多いでしょう。

ブランド品を使うにしても、センス良くワンポイントで使うといった使い方が無難です。

そもそも、相手はこちらの持っているものに興味を持っていないことが多いです。ブランド品はブランド品自体の印象が強いため会うたびに同じものを使っていると、「また同じものを使っている」と、マイナスのイメージを持たれてしまう危険性もあります。

もしブランド品の力を活かしたいのであれば、その例の逆説的なものになりますが、何気ない物が、実はブランド品だった、というパターンです。お相手がこれに気づいた時のインパクトは大きいのですが、女性が気付くためにはそれ相応の知識が必要になってくるので、非常に稀なケースです。

そのため、中途半端なブランド品を持つのはやめましょう。学生や新卒の若者が持つようなブランド品を、おっさんが使うのは痛々しいです。

ではどんな持ち物がいいのでしょう。

おっさんがモテるためにオススメのバッグ

前述したとおり、こちらも清潔感がキーワードです。シンプルなトートバッグで大丈夫です。限定的に言うなら、黒の革のトートバッグがシンプルで最強です。

必要最低限の物をこのトートバッグに収納します。必要最低限の物を選んで入れてください。パンパンのバッグはカッコ悪いです。

ごちゃごちゃしていないシンプルなリュックや、肩掛けの肩掛けのカバンも悪くはないのですが、トートバッグの方がスマートにみえます。

おっさんがモテるためにオススメの財布

財布はとにかく綺麗な物を使いましょう。ブランド品でもぼろぼろのブランド品はみっともないです。

汚いブランド品よりも、シンプルで綺麗なノーブランドです。支払いの際などで意外と見られているので、気を使いましょう。財布だけでなく、財布の中身にも気を使ってください。レシートがいっぱい入っていたり、ポイントカードがたくさん入っていることも印象を悪くします。

ポイントカードやクレジットカードは最低限に抑えましょう。財布を出さずに携帯等のキャッシュレス払いをお勧めします。特におすすめなのがAppleWatchでの支払いです。AppleWatchを端末にかざすだけなのでスマートで目を引きます。

おっさんがモテるためにオススメの時計

前述の財布とつながりますが、特におすすめはAppleWatchです。

見た目と実用性と、コスパが非常に優れています。

また、時計に関してはガチャガチャと派手なものでなければ高級時計も目を引きオススメです。しかし、高級時計が無ければダメというものでもないので、すでにお持ちの方以外は無理をして買い揃える必要はありません。

カテゴリー
日々のこと

一口馬主のすすめ

こんにちは。タカシです。

現在私は一口馬主を、キャロットクラブというクラブで行っています。

今回は一口馬主の魅力をお伝えしたく、このような記事を作成するに至りました。お粗末な文章ではありますが、最後までお付き合いいただければと思います。

一口馬主ってなんだ

一口馬主は、「ひとくちうまぬし」、と読むことが多いです。「ひとくちばぬし」でも間違えではないのですが、「ひとくちうまぬし」の方が言いやすいですね。

みんなで出資して馬を買う

一口馬主は、1頭の馬をクラブ会員でお金を出し合って買う仕組みになっています。

実は競走馬って非常に高額で取引されているんです。

中央競馬で走っているサラブレッドはどれも高額で、数百万円、数千万円、中には数億円で取引された馬も走っています。

一般市民にはそんな家を買うレベルの買い物をポンポンすることはできませんし、割愛しますが、個人で馬主になるにも、相当資産がないとなれない仕組みになっています。

そんな高額な競走馬を、クラブ会員でお金を出し合って購入し、馬主の気分を楽しめる、というのが一口馬主の魅力です。

1000万円の馬を400口で募集したとします。すると一口2.5万円で馬主の気分が楽しめるのです。クラブによっては1頭を40口で割ったり、中には10000口で割ったりするクラブもあるので、自分の本気度によって入会するクラブを選ぶといいでしょう。

ちなみにキャロットクラブは中央馬は400口での募集になるので、出資する馬によっては非常にリーズナブルに楽しむことができます。血統が良かったり、兄弟が重賞を勝っていたりするような高額な馬の募集も多くあります。

そのような馬は10000万円を超えるような募集となることも多く、仮に12000万円の募集だと一口が30万円にもなりますので、かなり敷居が上がります。しかし、1000万円から2000万円までの価格帯での募集も結構ありますので、そこまでお金を出さないでも十分楽しむことができます。

みんなでお金を出し合って、馬主気分を味わう。

これが一言で言う一口馬主の醍醐味だと思います。

一口馬主をすると競馬に詳しくなる

個人的な感想にはなりますが、一口馬主をするようになってから、かなり競馬に詳しくなったように思います。

順序的には競馬をどんどん知ることで、一口馬主を魅力的に感じるようになり、一口馬主をするようになって競馬のことをもっと深く知れるようになった、という流れでしょうか。

会報が毎月届く

キャロットクラブの会報誌

キャロットクラブの場合、毎月会報が送られてきます。かなり内容の濃い情報が書かれているので、毎月楽しみにしています。調教師の先生や厩務員の方々たちへの貴重なインタビューや、有名ライターさんが会報向けに記事を書いてくださっています。

まだ当選したことはありませんが、競馬関係者しか入手できなそうな貴重なプレゼントがされていたりもします。

公式ホームページで出資馬の様子がわかる

キャロットクラブは、毎週所属馬の近況を公式ホームページで公開しています。所属馬の牧場での様子やトレーニングセンターでの調教の様子や、それについての調教師のコメント、出走予定なども公開されています。

そういった公式ホームページの更新内容を見ることで、かなり競馬の知識が広がりました。

例えば○○日は美浦南Wコースで追い切りを行いました。(65秒5ー50秒7ー37秒4ー12秒5)のような近況が更新されます。当初は意味が全くわかりませんでしたが、今はそれぞれの言葉の意味がなんとなくわかります。

また、牧場にいる時も周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。というような更新があります。そういった更新を見ながら、順調そうだな、もう少しでトレセンに移動だな、と思ったりしています。

レース終了後にも、レースの振り返りのコメントや、騎手のコメントが公開されています。展開や脚質のようなものの理解も、こういったコメントみて知識が広がったように感じています。

一口馬主をやることで、確実に競馬の知識が広くなったことを実感しています。

馬券にお金を使わなくなった

応援馬券は外れても宝物

これは私の個人的な事象なんだとは思いますが、一口馬主をするようになってから、馬券に使うお金の額が激減しました。

もちろん今でも馬券は購入するのですが、以前よりも購入する額は減っています。馬券を買わないでも、競馬が楽しめるようになってきているからなのかもしれません。

競馬が詳しくなってきたことに繋がることなのかもしれませんが、馬券が当たってお金が増えた、という快感よりも、予想が当たったという快感にシフトしてきているような感じがします。

馬の背景を考えるようになった

一口馬主を初めてからの変化で、時々出走する馬のバックボーンを考えるようになりました。

会報で所属馬の様子が毎週送られてきます。しかし、順調な馬ばかりではありません。

骨折で療養中の馬、屈腱炎で長期休んでいる馬、そういった馬たちの様子も毎週送られてくるのです。

経済動物と言われればそれまでなのですが、馬も含めてそれを支えるのに頑張っている人たちがたくさんいるのだな、という思いが一層強くなったように思います。

それまでは、自分の買っていた馬が負けると、ネット競馬の掲示板のその馬のページに行き、同士が書き込む悪口に共感したりもしていました。

しかし、一口馬主になってからは、とてもそんな気持ちになれなくなりました。「惜しかった」とか「次は頑張って」とか、優しい言葉を書き込めるようになりました。

悔しい時もあるけど、それも含めて競馬なんだな

大金をかけると少なからずそういった怒りの感情が出てしまうので、そうならないために、大金をかけなくなったのかもしれません。

一方で、自分の応援している馬が勝った時の喜びはひとしおです。

的中したら一層嬉しく、外れてもそんなにイライラしない、そういった競馬を楽しむことができています。

毎週の楽しみが増える

一口馬主をやっていて良かったこと、3つ目は毎週の楽しみが増えるということです。楽しみが増えると毎日の生活が生き生きしてきます。

出資馬の近況の更新が楽しみ

公式ホームページにアップロードされる出資馬の近況報告をとても楽しみにしています。牧場にいる時、トレセンにいる時とで更新日が異なるのですが、火水木曜で大体の更新が終了します。なので毎週火水木曜日は個人的に楽しみにしています。

出資馬の出走が楽しみ

出資馬の出走が決まると、出走までは楽しみすぎて気が気ではありません。

まず、前週の日曜日の段階で特別登録されている場合は、他の登録メンバーも含めて発表があります。相手関係や展開、想定の騎手を考えたりしてワクワクします。

特別登録でない場合も、週の半ばで出走の想定がでます。除外対象で出走が確定されない場合はそれもドキドキ。木曜日に出走が確定した後は、土曜のレースであれば金曜日に、日曜日のレースであれば土曜日に枠番が発表されます。枠順で有利不利があるコースだと枠順の発表も緊張します。

枠順が発表された後は、専門誌等の評価にドキドキ。

レース当日、まずは出走の1時間前に馬体中が発表されるので、それもドキドキ。パドックでの様子を見てドキドキ。レースでは出遅れないで無事スタートしてくれるか、着順はどうか、等々常にドキドキハラハラの状態です。

そういった高揚感も一口馬主の醍醐味ではないでしょうか。出走が決まれば楽しむポイントがたくさんあって、気が休まりません。

馬主席で観覧できる

東京競馬場の馬主席入口

さて、今までは精神論的な個人の主観による見解でしたが、実際の馬主になったメリットについてお話ししたいと思います。

まずは、馬主席での観覧ができるということ。※現在は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止しています。

キャロットクラブでは、各競馬場の馬主席での観覧を抽選で募集しています。G1開催の曜日でなければ、大抵募集があります。

全く当選しない、という確率ではない感じで、私自身、東京競馬場と、中山競馬場での観覧に当選したことがあります。

中山競馬場は、室内指定席の上の方の席といっただけで、そこまで特別な感じはありませんでした。もちろん馬主席エリアの通行証を持っていないと入れないエリアにはなっていて、投票所も空いています。

中山競馬場の馬主席エリア

しかし、指定席と同じ空間であるため、そこまでプライオリティー感は感じられませんでした。ただ東京競馬場の馬主席と違って室内なので、冬の開催では非常に観戦しやすいと思います。

中山競馬場馬主席より

一方東京競馬場はというと、馬主席入り口から入り、手続きを済ませ、エレベーターで上まで上がります。フジビュースタントの一般指定席の上の階が、全て馬主席となっています。観戦の席自体はABCの指定席と同じで吹きっさらしの屋外なので、冬は寒い・・・2月に当選して観覧に行った際は、とても寒かったです。室内にもソファーのような椅子が設置されているので、そちらで観戦している方の方が多かった印象があります。

正装が義務付けられていますが、これも普段の競馬観戦ではありえないことなので、いつもとは違う特別な感じを持って競馬に臨むことができます。スーツで競馬場に行くと気が引き締まります。

馬主席には一人で行っても楽しめますし、キャロットクラブでは1人まで同行者をつけることができます。馬主席で、普段と違う競馬を楽しんでみてはいかがでしょうか。

優勝時の記念撮影に参加できる

一口馬主では、出資馬がレースで優勝した際に行われる、記念撮影に参加できます。この記念撮影は口どりとも呼ばれています。

キャロットクラブでは出資馬の出走が確定してから、口どりの応募が行われます。通常のレースでは10名、中央の重賞となれば20名の募集があります。この口どりの当選確率も、そこまで低いものではありません、開催場所の競馬場にもよりますが、メインの競馬場で2倍から6倍くらいの当選率です。

ローカル開催の競馬場であれば、口どり希望者が10名以下ということもままあります。

私自身も、行けそうな競馬場の時は積極的に応募していますが、実際に口どりに参加できたのは1回のみです。口どりに当選しても、出資馬が優勝しないことにはいけないわけですから、そこでかなりハードルが上がります。

しかし、これも馬主席で競馬観戦するときと同じような感覚なのですが、口どりに当選した状態で競馬場で見るパドックやレースは非常に感慨深いものがあります。口どりの記念撮影が出来なくとも、いつもとは違った気持ちで競馬を楽しむことができます。

キャロットクラブの場合、口どりに当選したというメールが金曜日の夕方に届くのですが、そこからレースが終わるまで、気が気ではありません。

2019.11.9 ジェネティクス オキザリス賞

2019.11.9 出資馬のジェネティクスが東京競馬場でオキザリス賞に出走することが決定しました。すかさず口どりに応募し、見事に当選しました。

筋肉ムキムキ 気配抜群のジェネティクス

鞍上は世界のスミヨンで、圧倒的人気の単勝1.7倍。ドキドキしながらパドックを見ていましたが、迫力の周回で、これはもらったと思いました。

応援馬券を購入し、口どりの集合場所にすぐに駆けつけることができるよう、ターフィーショップの前あたりで観戦。

余裕のある手応えで直線に向きましたが、伸びきれず4着。勝てると思っていただけにショックは大きかったです・・・。

勝てればなお良かったのですが、口どり当選からレースが終わるまでのドキドキと高揚感はなんとも言えないものがありました。

こういったドキドキを味わえるのも一口馬主ならではと言えるでしょう。

2018.12.9 ノーヴァレンダ 全日本2歳優駿

私の唯一の口どりが、ノーヴァレンダの全日本2歳優駿の時のものです。まさか初の口どりが地方交流重賞になるとは思いませんでした。

首を振って気合十分のノーヴァレンダ

5番人気で中央勢としてはあまり人気のない方だったので、軽い気持ちで観戦していました。ずっと関西で使ってきていたので、ノーヴァレンダを生で見るのも初めてでした。

この時は川崎競馬場にもあまり行ったことがなかったので、私自身かなり緊張していました。本来であれば名物の焼きそばなどで腹を満たすつもりでいたのですが、気が張っていて全くお腹が空きませんでした。

ノーヴァレンダのパドックでの様子は、『イレこんでる』と評価する人もいるくらい、首をブンブン振って、気合の入っている様子でした。自分はというと、とりあえず写真を撮るのに夢中でした。

レースは集合場所の近く、ゴール板を少し過ぎたあたりの1コーナー手前で観戦していました。スタート直後はこちらに一斉に各馬が向かってくるので、大迫力!その中にノーヴァーレンダすごい勢いで突っ込んできました。先頭集団に取り次ぎ、3コーナーの手前で先頭に立ちます。直線に入り、ルメール騎乗のガルヴィハーラとの壮絶な叩き合い。ガルヴィハーラとの叩き合いを制し、一歩抜け出し、勝ったと思った矢先、デムーロ騎乗のデルマルーブルが物凄い足で突っ込んできます。

すごい勢いで差を詰められ、デルマルーブルに並ばられたところが丁度ゴールでした。モニターのスロー画面でゴールの瞬間を確認します。

…ギリギリ首差で凌いでいる!つい手をパチンと叩いてしまいました。すぐに口どりの集合場所に向かいます。

すでに何人か集まっていらっしゃいましたが、すぐに係の人が来られます。まだレースの確定はしていませんが、苗字で点呼を取られます。点呼が終わってすぐにレースが確定しました。

関係者入り口を通って馬場に入ります。川崎のダートをこの時初めて踏みしめましたが、非常に歩きにくい、とても深い砂だったことが印象に残っています。

出資者の方々、自分を含めて10名と斎藤調教師、北村友一騎手、キャロットクラブ会長、以上のメンバーで見事記念撮影を行うことができました。

北村友一騎手はとても好青年なナイスガイで、出資者の皆さんに「おめでとうございます!」と声を掛けられていました。口どり参加の注意事項に、「騎手や調教師には話しかけてはいけない」という項目があったので、少し戸惑ってしまいましたが、こちらも「おめでとうございます!」と声を掛けさせていただきました。

その後北村友一騎手はアルアインやクロノジェネシスでG1を勝っていくのですが、この時は初JPN1制覇でした。その後優勝の表彰式を見てから帰路に着いたのですが、この時は興奮してしまい、なかなか眠れなかったことを覚えています。

この時は非常に運が良かったのですが、一口馬主をやっていて良かったと、心から思いました。辛いことがあったり、しんどい時には、この時のレースを見て踏ん張るようにしています。

宝物が増える

1番の宝物は出資馬の思い出といった、記憶になってくるのですが、その思い出や記憶を彩る宝物が、一口馬主をしていると数多く手に入ります。キャロットクラブで一口馬主をやっている私の宝物をご紹介します。

出資馬の写真

キャロット クラブでは、様々なタイミングで出資馬の写真が送られてきます。

ノーヴァレンダデビュー時のお知らせ

まず出資馬のデビューが決まると、写真が送られてきます。小さいサイズの写真ではありますが、非常に感慨深いものとなります。

出走が決まったレースと、騎乗予定の騎手が書かれた案内と一緒に送られてきます。

勝利時の写真

出資馬が優勝時すると、その時のゴールの写真が送られてきます。デビューの時の写真サイズよりも大きい2Lサイズの写真が送られてきます。

記念品

重賞優勝時に作られる記念品。こちらは出資馬のノーヴァレンダが全日本優駿を優勝した時に作られた記念日です。缶バッジと特製クオカードです。

ノーヴァレンダ缶バッチ
ノーヴァレンダクオカード

記念品作製にかかる費用が、優勝賞金の分配金から引かれはしますが、思い出はプライスレス。

カレンダー

キャロットクラブは、毎年年末に翌年のカレンダーを会員全員に配布しています。それぞれの月を飾るのは前年度に活躍した馬が多いですね。

キャロットクラブカレンダー

2020年の1月は出資馬のノーヴァレンダ!

会報誌

毎月送られてくる、キャロットクラブの会報誌も宝物の一つです。出資馬が優勝すると、出資者の感想コメントと共に掲載されます。

私自身はノーヴァレンダの全日本2歳優駿と、ジェネティクスの新馬戦で、感想コメントが採用されました!

ノーヴァレンダ会報

いかがでしたでしょうか。一口馬主をすることで、さらに競馬が楽しくなること間違いなし。

あなたも一口馬主始めてみませんか。